秋華賞 予想

紫苑S 歴史

【歴史】

2000年 中山競馬場の芝1800mの4歳(現3歳)牝馬限定の混合競走・指定交流競走の定量のオープン特別競走「紫苑ステークス」として創設。
2001年 馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走条件が「4歳牝馬」から「3歳牝馬」に変更。
2002年 東京競馬場改修工事による振替開催のため新潟競馬場の芝外回り1800mで施行。
2003年 負担重量を定量から馬齢重量に変更。
2004年 1位入線のヤマニンアラバスタが進路妨害により5着に降着。
2007年 施行距離を芝2000mに変更。
2008年 元地方ホッカイドウ競馬所属のモエレカトリーナがJRA転厩馬として史上初の優勝。
畠山重則が調教師として史上初の連覇。
Return Top